タブレットposレジに関するメリットをご紹介!
ロゴ

Convenient.com

セルフオーダーとオーダーエントリーの違いを比較

セルフオーダーシステム

テーブルに設置されたセルフオーダー端末を操作して、利用者自身で直接注文をするシステムです。割引情報やイチオシ情報を画面に表示できるのでプロモーションツールとしても使うことができますよ。また、外国人観光客も気軽に注文できるように、多言語表示にも対応しているようです。

オーダーエントリーシステム

注文から料理提供、会計をシステム連携することによって、ホスピタリティの高いサービスを利用者に提供することが出来ます。業務をもっと効率化させたい、売上アップ、生産性の向上を実現したいという企業から選ばれているそうです。

posレジに関する口コミをピックアップ

初期費用がとても安い!(28歳男性・Sさん)

勤怠管理・顧客管理・売上管理機能があって、自動集計されるのでめっちゃ便利!「こんなに便利だから導入費用も高いんだろうなぁ・・・」なんて思っていたけど初期費用もリーズナブルで驚きました。

省スペースで使えるなんて素敵ですよね(38歳女性・Mさん)

タブレットタイプのposレジを導入したんですけど、省スペースで利用できるのに魅力を感じました。あと、お会計時の操作も非常に分かりやすいので新人さんもすぐに使いこなしています。

今まで大きなレジしか使ったことがなかった(42歳男性・Hさん)

いままで大きなレジを使ってきたので、このposレジシステムにとっても感動しました。導入する時、「私に使いこなせるのだろうか」と不安でしたがスタッフからの丁寧なサポートが受けられたので良かったです。業務の回転率アップした気がします。

経営状況を把握できるから便利(35歳女性・Eさん)

経営してるお店を増やしたんですけど、さすがにメモなどでは店の状況が把握できない。そんな時に友人から勧められたのがposレジでした。売上目標の達成度合いや売上金額など経営状況をいち早くチェックできるので便利ですね。

キャンペーンが導入の決め手だったんです。(36歳男性・Iさん)

お店を開店するときに必要なのがレジ!どれがいいかと迷っていたんですけどキャンペーンをしていた業者があったので、初期費用を安く抑えたいと思い思い切って導入しました。オーダー管理、お客さんの管理が出来る機能がついていたので使いやすいです。当たりクジを引いたなと思いました(笑)

タブレットposレジに関するメリットをご紹介!

レジスター

直感的な操作ができる

タブレットposレジの最大の魅力として挙げられるのは直感的な操作性があるということでしょう。機能を覚えるまでの手間が省けますし、1つ1つの作業の効率化が実現できます。ボタンの配置などを覚える必要も一切ないので、新人さんだけではなく年配のスタッフも安心して使いこなせるはずです。また、人材育成に掛かっていたコストや時間を大幅に削減出来るので、短期間のアルバイトやイベントを開催することが多い企業からも支持されていますよ。

初期費用を抑えられる

一般的なposレジシステムだとレジ端末価格が10万円以上すると言われています。また、別途で販売情報集計システムを導入する費用などを含めて考えると初期費用でなんと100万円以上超えるケースも!しかし、タブレットposだと低価格なタブレット端末を利用することが出来るので初期費用を10万円以下に抑えられるようです。

正確性のある分析機能

クラウド上で販売データを集計して、商品ごとの売上傾向を分析することも可能です。売れ筋商品や死筋商品などを把握するABC分析、全てにおける上位集中度合が知れるデシル分析なども充実していますよ!また、利用者が購入しそうな商品をposシステムが分析する機能もあるのでスタッフのスキルに頼らず高度な接客を実現させることも出来るそうです。

管理機能がとっても豊富!

<在庫処理ができる>
誤打や返品、訂正、廃棄処理といった売上にならない在庫移動も手入力でパパっと調整することが出来ます。面倒臭い作業なんて何1つないので導入すると非常に便利ですよ。

<リアルタイムの売上管理>
全店舗の売上がオンライン上に集計・反映されるので、店舗が複数ある企業にもうってつけです。本部と店舗が離れていてもリアルタイムな売上管理が出来ます。これもタブレットposレジシステムならではの魅力でしょう!

<スタッフ別の売上計上>
レジを担当するスタッフを店舗・全店共通で設定できるみたいです。スタッフ別に売上を確認できるので引継ぎやアルバイトの管理、次の日の返品対応にも役立つと言われていますよ。

広告募集中