心筋梗塞を予防して明るい生活を送ろう|ドキンドキンがサイン

病気にならないため

突然の死に繋がることある心筋梗塞は食事や生活習慣によって予防することが出来ます。詳しくはコチラのサイトで!

心筋梗塞になってしまったら

心筋梗塞は心臓の血管が様々な原因で詰まってしまい、心臓の筋肉が壊死してしまう病気の事です。壊死してしまった心臓は元に戻る事はありません。心臓の機能が低下してしまう為、最悪の場合は死に至る事もある恐ろしい病気です。 心筋梗塞になってしまった場合、早期の治療が重要です。詰まってしまった血管を再び開通させる事が不可欠です。一般的にはカテーテル治療が用いられます。これは、腕や足の血管からカテーテルと呼ばれる細い管を通し、詰まっている血管を広げる治療です。カテーテル治療を行っても症状が改善しない場合やカテーテル治療が出来ない箇所に梗塞が起こっている場合はバイパス手術が適応となります。これらの治療は心臓外科で行なう事が出来ます。

予防の為に出来る事とは

心臓血管のバイパス術は身体の負担が非常にかかる手術です。術後の生活も多くの制限が課されますし、リハビリも必要となるでしょう。その様な状態にならない為にも心筋梗塞は予防がとても重要となります。 心筋梗塞は血栓が出来る事で起こります。その為、血栓が出来にくくする為の治療が必要です。多くの病院では、予防の為の治療として薬物治療を行っています。高コレステロール治療薬や降圧剤等の薬が処方されています。 薬物療法以外にも出来る事があります。心筋梗塞は生活習慣病の一つですので、自分の生活習慣を見直す事が大切です。具体的には食事内容の見直しや定期的な運動等が挙げられます。この様に予防という観点で治療を進めていく事も重要です。

名医による確実で安心出来る治療が望みなら。聴神経腫瘍や脳腫瘍なども治療が可能です。日本脳卒中会の名医が在籍しています。

心臓が止まる

心臓は私達が健康的でいるために必要なものですが、何らかの原因で心臓の病気である心筋梗塞になることがあります。高齢者に多いとされていましたが、現在は若者に発症する可能性も高くなっています。

Read more

病気の症状

心筋梗塞の原因としては高血圧や肥満、糖尿病などが挙げられます。症状発症する前に前兆もあるのでそれを把握しておくことで気づくことができます。ですが人によっては心筋梗塞が突然発症する場合もあるので注意が必要です。

Read more

普段から予防をする

心筋梗塞になる代表的な原因としてストレスがありますが、ストレスは心筋梗塞だけではなく他の病気を引き起こす可能性もあります。また他にもタバコや食生活が悪い影響を及ぼすので注意が必要です。

Read more

↑ PAGE TOP